マヨラルと直接的に関係するSDGsの目標を認識し、目標を達成するための活動計画を立てて、環境と社会に対して責任のある生産モデルを打ち立てるよう努力しています。<

プラスチック利用の削減

年間で3200万セットの衣服のラベル、180万個のアイテムの梱包におけるプラスチックの不使用を達成しました。また、包装に使用するビニール袋3000万枚のうち、60~70%にリサイクルプラスチックを使用しています。

サステイナブルな素材の取り入れ

店舗で使用するバッグ、ギフトの包装、送付用の箱に再生紙を使用しています。

3200万着のアイテムに再生ポリエステルの縫付タグを使用し、下げ札にはFSCの認定を受けた再生紙を使用しています。

販売拠点で使用するポスターやその他の書類についても100%エコでリサイクル可能な紙とインクを使用しています。

資源の最大活用

デザインラベルと価格のラベルを1つにし、年間3000万枚のラベルの削減を達成しました。

商品の配送においてはスペース効率を上げて箱内の空きスペースをなくし、45万箱を再利用しています。

企業

配送センター「Mayoral 2」は建屋全体の照明にLED照明のみを使用しています。また、太陽光パネルを設置し、30%を自家発電しています。マヨラルショップにおいてもエコ効率の高いモデルの導入を進めています。

炭素排出の削減のため、出張の回数も削減いたしました。

継続的な改善のため、業務プロセスにおけるサステナビリティを評価し、資源の再利用と正しい利用を促進していきます。

サプライヤー

全製造エリアにおける環境保全を達成するため、サプライヤー、生産者、その他の関連企業に対してマヨラルの行動規範の遵守を求めています。サプライヤーの大半は繊維の安全証明である「エコテックス®」の認証を取得しており、繊維製品が人体に無害で環境に配慮したものであることを保証しています。

了解更多