製品

我が社のコレクションの中に、サステイナブルな原料として認定された生地を取り入れました。サステイナブルな生地とは、オーガニックコットン、サステイナブルな製法によって生成されたコットン、機能性繊維Repreve®を代表とするリサイクル繊維が挙げられます。さらに2021年には、自然環境に優しいと認定されたセルロース繊維(ビスコースやリヨセル)を取り入れる予定です。

それぞれのシーズンにおいては、より高い品質基準を満たす材料探しを積極的に行い、我が社のサプライチェーンで使用する資源が責任ある形で使用されるよう管理します。同様に、我が社に最も関係の近いサプライヤーの多くが繊維の安全証明エコテックス(Oeko-tex ®)の認証を受けています。エコテックスの認証を受けた生地や付属品は人体にも無害です。

梱包

我が社の商品の梱包がよりサステイナブルなものとなるよう、プラスチックの利用削減、エコな素材の取り入れ、リサイクルなど資源の最大活用、エネルギーの再利用と節約などを中心とした活動を展開してきました。


プラスチック利用の削減

プラスチック利用の段階的削除に関する計画を施行いたしました。ラベルのプラスチック加工を排除し、生物分解できる留め具とコットンで出来たラベル素材に変更して、年間で3200万セットの衣服にプラスチックを使用しないラベルを付けられるようにしました。

また、商品の段ボールに使用していたプラスチックの部品をなくし、年間で180万着が環境に配慮した梱包となるように目指しております。>


エコな素材の取り入れ

梱包についてはよりサステイナブルな材料を使用することとしました。オンラインショッピングに使用する袋と、衣類を保護する袋についてはリサイクルプラスチック60-70%を使用して作られており、毎年3千万枚に適用されます。またkraftを採用し、店舗で使用する袋、プレゼント用の梱包、送付用の異なる種類の箱に適用しています。靴の箱だけでも、年間で60万セットがよりエコな形で作られることになります。

オンラインショッピングに使用する梱包については、国内また近隣国への送付については段階的にリサイクル紙を導入します。また、衣服のラベルについては、3200万着の衣服に再生ポリエステルを使用し、印刷のスペースを最適化して、廃棄物を出来るだけ少なくするようにしています。


資源の最大活用

紙と段ボールの消費を減らす活動も行っています。特筆すべきは、デザインのラベルと価格のラベルを一つにしたことです。それにより、年間3千万枚のラベルの削減となりました。ラベルにおいても同様に、リサイクル紙を利用し、年間3200万枚以上の衣服がFSCの認定を受けています。

エネルギーの再利用と節約は地球環境保護に重要な対策の一つです。45万箱を再利用し、スペース効率を上げて梱包し、大気へ排出される二酸化炭素の発生を最小限にする努力を行っています。

企業

店舗のポスターやその他の公式な書類は100%エコでリサイクル素材の紙とインクを使用しています。カタログには、サステイナブルな資源の開拓を保証する森林由来であるFSCの認証を受けた紙を使用しています。

店舗や配送センターではLED照明のみを使用しています。我が社の次の目標をエネルギーの自家発電に据え、会社に太陽光パネル設置の計画を立てています。

サプライヤー、製造者、協力会社に対しては、Mayoralの定める行動規範の遵守を求め、全ての製造エリアにおける環境保全を保証しています。

継続的な改善への約束の下、現行のプロセスのサステイナビリティを検証し、材料の再利用と資源の正しい活用を推進しています。